お悩み解決や迷ったときには「神システム」|神システムと6つの例

お悩み解決や迷ったときには「神システム」|神システムと6つの例

皆さん色々な悩みがあると思う。仕事やビジネス・恋愛・収入・家族・健康…。人間は悩みながら常に何かを選択しながら生きている。

今日は悩み解決方法で最も有力と思う「神システム」をご紹介する。

「神システム」は私の考え方であって、そういう商品があるわけではない。また、私は富豪ではないので、金銭的に成功するマインドかどうかは分からないが、お悩み解決の考え方の一つとしてはおすすめできる。

全ての悩みが解決できる「神システム」を是非覚えていって欲しい。出来れば今後取り入れて欲しい。

神とは?

まず神とは何か念のため調べよう。分かりきってると思っていても、念のため言葉の意味を調べるのは重要だ。

かみ 【神】
人間を超えた存在で,人間に対し禍福や賞罰を与え,信仰・崇拝の対象となるもの。


宗教・習俗において,信仰・崇拝・儀礼・神話・教義などの中心となる位格・存在。日本の神道や民俗の祭りでまつられる対象,またはユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの超越的絶対者。仏教では,仏や菩薩の権現・守護者などとされ,仏とは区別される。

哲学で,世界や人間の在り方を支配する超越的・究極的な最高存在


日本の神話で,神武天皇より前に登場する人格神。

天皇。

人間に危害を加える恐ろしいもの。蛇・虎など。

かみなり。なるかみ。

weblio辞書▶神とは

意味の数が多いし、辞書でもちょっと意味がわからない。いや、神の意味が分かる方がおかしいか。

とりあえず、私が提唱する「神システム」では、①㋑の太字にした部分の意味で進めてく。

神っているの?

知らない。

しかし「神はいない。」というのが私の考えだ。

宗教を否定するつもりはい。神がいるかいないかを確認することは出来ないので、居ると信じるのも居ないと信じるのも個人の自由だ。憲法でも宗教の自由は保証されている。

いつの日か、「僕、神です」と言って実体となり人前に現れる可能性も、ゼロではい。

ただ、私は「人間が経験や科学で理解できないことを神の御業ということにしている」と考えている。

つまり、「何でか分からんことは、神の仕業」ということ。

例えば、「神のみぞ知る」というのは「分かりません」という意味だ。

ちなみに私が提唱する「神システム」は、神が実際に居るか居ないかはあまり関係ない。



神システムとは?

前置きはコレくらいにして本題に入っていこう。

神システムは習得するのは簡単だが、説明するのが難しい。

頑張って説明するので、頑張って掴んで欲しい。

神システムの前置き

「神の居る居ないは置いといて、居ると思って考える」というのが基本になる。

ここで重要なのは、神が居ると思って物事を考えるが、神の存在を信じきっていてはダメだということ。

神の存在を信じきってしまうと、本気で「神頼み」をしてしまう可能性があるからだ。神システムでは神頼みは出来ない

神システム上での神の考え方

先程の辞書の引用の中にあった、神は「世界や人間の在り方を支配する超越的・究極的な最高存在。」というのが神システムの神に一番近い。

しかし、神システムでの神の影響力が及ぶのは地球だけではなく「宇宙全体」であり、人間だけではなく「生命体全て」とする。

とりあえず、「凄すぎて理解不能な存在」と思ってもらえればいいが、忙しすぎて1生命体の相手ができないと思っておく必要がある。

神システムに近い考え方

神システムは私独自の考え方なので、似た考え方を紹介しておく。少し神システムに近い考え方に「悟り」がある。

悟り

悟りについて説明するとそれだけでとんでもなく長くなるので、ここでは簡単にしか説明しないが、悟りとは「迷いの世界を超え、真理を理解する」状態としておく。

しかし、実際に「あいつ、悟ってるな」と言うとき、どんなニュアンスで言うだろうか?「あいつ、どうでもよくなってるな」というニュアンスではないだろうか。

このニュアンスは神システムにちょっと近い。

神システムの使い方

神システムは「ポジティブシンキング」や「悩みの解決」や「何かを選択する際の決断の一助」として使う。

だいたい分かってきたと思うが「神の担当範囲からすれば、小さいこと過ぎてどうでもいい」という考え方になる。

説明するのが難しい概念なので、例を沢山あげて理解を促してみる。

神システムの例

  • 起業したい → 神的にどうでもいい → どうでもいいことを悩むの無駄だし起業しよう
  • 失敗するのが怖い → 神的には小さな失敗すぎてどうでもいい → 失敗してもいいか
  • 失敗したら色々な人に迷惑をかけてしまう → 神的にはそれ以上の失敗をした人も沢山知ってるので、どうでもいい → 気にしても無駄
  • 死ぬしかない → 神的には人類が多いのでどうでもいい → どうでもいいなら死ぬまで楽しもう
  • 人類滅亡 → 神の担当する生命体が多いので人類が滅亡してもどうでもいい → じゃあ好きに生きるか
  • 自分がカッコよくない → 神的にマジどっちでもいい → どっちでもいいならカッコつけよう

なんとなく分かっただろうか?

何かで悩んでいたとしても神レベルからすると、とてつもなくどうでもいいことなので、どうでもいいことならば、やりたい方を選んだほうが良いということだ。

おまけ

神システムを使う以上、神を乱用するので、神に対して感謝もしておこう。

なんでも科学的に考えているとつまらない。

旅行の日にたまたま天気が良い。

天気が良いのは気圧配置が…、つまりは地球の自転によって…

いや、神のお陰です。ありがたい。



転職・起業・副業でおすすめのサービス

転職・副業・起業に関するサービスの中で、オススメを紹介します。 私が使っている中からのおすすめなので、数は少ないですが、参考にしてください。

Blogカテゴリの最新記事