[MHW:IB]ソロ初心者用アイスボーンのラスボスまでの最速ロードマップ|

[MHW:IB]ソロ初心者用アイスボーンのラスボスまでの最速ロードマップ|

アイスボーンを買ったけど、

サクサク進めたい!効率よくラスボス行きたい!

と言う人へ向けて記事でサクッとまとめておきます。

今回は、以前の記事のMHWのロードマップの続きとなります。

ラスボスを倒してエンディングを見るまでですが、金曜の夜と土日をフルで使えばたどり着ける感じです。

(これがモンハンの正しい楽しみ方かどうかは別のお話…)

(9/8日時点にまとめた記事です。)




上位装備でもラスボスまで行けなくはない

まず、今回も弓を使って攻略しています。よって、例えは全部が弓になります。

さて、以前の記事「今から始めるMHWの初心者ロードマップ|モンスターハンターワールド」では、”体術5・耳栓4~5”もしくは、”体術3・耳栓4~5・キノコ大好き”の装備での攻略を推奨しました。

スキルに関してはこのアイスボーンでも全く同じです。

ただ、アイスボーンでは、敵の攻撃が強いので、中盤くらいまではマンドラゴラで秘薬飲み放題のキノコ大好きを使った方が良いです。

ちなみに、アイスボーン前の上位装備でもアイスボーンのラスボスまで行けなくはありません。

もちろん、攻撃が全て即死級になりますので、結構な腕が必要になります。

上級者ではない方が上位装備でエンディングを迎えるのは無理ですから、防具をちょっとだけ作ることになります。

最小限だと新たに作る防具は2部位作るだけでも良いかな〜と思いますが、その辺は持ち合わせの装飾品の数などでも変わってきます。

アイスボーン初心者のロードマップ

任務クエストをひたすらこなします。

武器は上位のままでも良いですが、寄り道的に強化したいなら強化した方が良いです。

強化するべき武器は、最小限でいくなら以下の2種でOK。

  • レイ・ファーンライク(氷)からの強化
  • ジャナルカフス(火)からの強化

MHWでは、ほとんどのモンスターを雷と氷属性で乗り越えられましたが、アイスボーンは前半が雪国ということで火が弱点のモンスターが増えています。

ストーリーモードというか、任務クエストに出てくるモンスターは、ほとんどが火と氷で乗り越えられます。

戦う必要があるモンスター

イベント的な戦闘で、倒さずに撃退する(追い払うだけ)任務もありますが、倒す必要があるモンスターは以下の20体です。

今回は、氷と火しか強化せずにラスボスまでいきますので、それを踏まえて弱点も書いておきます。

  1. ブラントドス:火
  2. バフバロ:火(龍)
  3. トビカガチ亜種:雷
  4. パオウルムー亜種:火
  5. プケプケ亜種:氷
  6. ベリオロス:火
  7. ディノバルト:火
  8. ナルガクルガ:火(雷)
  9. ティガレックス:雷
  10. ブラキディオス:氷(水)
  11. 特殊レイギエナ:火
  12. アンジャナフ亜種:氷
  13. ディノバルト亜種:火
  14. オドガロン亜種:火・氷(水)
  15. イヴェルカーナ:火
  16. 特殊バゼルギウス:氷
  17. 特殊ヴァルハザク:火
  18. ネロミェール:火
  19. 特殊ネルギガンテ:?
  20. ラスボス:氷

*()がある場合は()内が最も有効な属性です。しかし、今回は火と氷の弓を使うため、火と氷を優先して書いています。

20匹倒すだけなので、休みを捧げれば週末だけでエンディングまでいけます。

急ぐ必要はないんですけどね。

アイスボーン初心者のラスボスまでの基本方針

まず防具関係ですが、大して使えるスキルがないので、スキル構成自体は序盤は上位の方が優秀です。

しかし、防御力が足りないので、耳栓や体術がない不便な状況でも良いという人は、なんでも良いのでマスターランクの防具を作っても良いでしょう。

ただ、耳栓も体術もないなんて、弓ではほぼ動けないので、逆に死ぬ可能性が高いと思いますが。

そこで、ラスボスまでに発動しっぱなしのスキルは以下のスキルです。

  • 耳栓Lv4以上
  • 体術Lv3
  • キノコ大好きLv3
  • 装飾品があれば、弓溜め段階解放

これらのスキル以外は、それぞれの属性強化や回避性能、整備がオススメです。

防御力が足りないまま進むので、キノコ大好きでマンドラゴラ飲みまくる必要があります。

アイスボーンマスターランク用の装備について

ロクな装飾品を持っていない&歴戦王とも戦ってないは、以下の装備でいきす。

腰と足だけマスターランクの防具を作ります。

  • 頭:バゼルβ
  • 胴:ハイメタβ
  • 手:ドーべルα
  • 腰:EXバフバロβ
  • 足:EXバフバロβ
  • 体術の護石Lv3

ゾラマグγの腕があれば、ハイメタは卒業できますので、その場合はドーベルα胴に変えられます。加えて、茸好珠があれば、胴も自由です。

上位装備はカスタム強化までして、最大まで防御力を上げておきましょう。

もし、カスタムする素材がないなら、スキルを諦めてマスターランクの装備を何でも良いので全身作った方が良いです。

これは最低限の装備ですので、腰と足以外は、装飾品と相談して前述のスキルを発動できるなら、可能な限り防御力を高くしてください。

これでラスボスまでいけますが、流石にそれは味気ないので、EXギエナやEXジャナフを作って楽しむと良いでしょう。

頭胴腕がギエナ、腰足をジャナフにすれば、弓溜め段階解放とスタミナ上限突破がつくのでオススメです。(茸大好きは消えますが、マスターランク対応の防御力になります。)

ナルガクルガまで進めれば、闘技場にはなりますが、EXクロオビメイルが超おすすめです。

私としては弓用の防具が、ストーリー後半の「テンタクルシリーズ」しか使えると思うものがありませんでしたので、私はバフバロ腰と足だけで乗り切りました。

アイスボーンの新要素を使おうと必死こかない

クラッチクローや竜の千々矢といった新要素を使おうと必死でやると、時間を大幅にロスしたり、ミス連発で死んでしまいます。

特にクラッチクローは、慣れるのが難しいですし、何より動きが派手で見てて訳が分からなくなります。

あまりにも動きが激しいので、3D酔いする人が続出しているのではないかと個人的に思っています。

竜の千々矢も操作が面倒で、”間違えて竜の一矢を撃ってしまってイラつく”、もしくは”いつのまにかターゲットを変えてしまって混乱”というのを連発するでしょう。

クラッチクローは使いこなせるようになると、かなり火力アップになりますし、ラスボス戦の序盤では使った方が良いですが、もはやラスボスで練習すればOKなレベルです。

マスターランクでの基本的な戦い方

耳栓と体術とキノコ大好きを維持するために、上位装備を中心に使うので防御力が足りません。武器も上位装備か、一段階強化した程度です。

よって、やや長期戦になる上、回復に忙しいです。単に長い時間戦い続けるのも辛いし疲れます。

そこで、アイテムはケチらずにガンガン使ってください。20体分だけなんでね!

あと、連続攻撃をしてくる敵が多いので、防御力が低いうちは不動の装衣はオススメしません。いつのまにか死んでます。

また、隠れ身の装衣からの大タル爆弾Gを使った”こっそり爆弾作戦”もオススメです。

罠使いまくり、装衣着替えまくり、強撃ビン補充しまくり、最後は捕獲

詰む可能性があるアイスボーンの新モンスター対策

あまり武器を強化しない上に、スキルも火力は盛りませんので、全モンスター結構時間かかります。

そして、動きが激しくて、長く戦うと目や三半規管が疲れるモンスターばかり追加されてますので、休憩がてら、アイテムの補充にキャンプに帰ったりして、強撃ビンや罠の補充、装衣チェンジを行いましょう。

さて、追加モンスターは全部厄介なんですが、以下の4体は人によっては嫌になっちゃうかも?

  • ティガレックス
  • イヴェルカーナ
  • ネロミェール
  • ラスボス

それぞれちょっとだけ解説していきます。

ティガレックス

ティガレックスは、ジタバタしてウザいですが、回避性能をつけると案外楽に勝てたりします。

ただ、耳栓をしてても咆哮の際の衝撃波でダメージを受けるので注意です。

雷が弱点なので、上位のカガチ弓を担いで行って良いです。勝てない場合は寄り道して一段階強化するのも良いでしょう。

また、罠と閃光玉はフル活用しましょう。

ジタバタされまくって絶望しますが、すぐ疲れるモンスターなので、ジタバタしてるところに飛び込んでいかなければ、意外となんとかなります。

私は大嫌いなモンスターですが、良モンスターと言われることの多い戦ってて楽しいモンスターらしいです。

イヴェルカーナ

イヴェルカーナも、結構回避がしやすい気がしますので、回避性能も選択肢に入ります。

イベントで数回戦いますし、結構慣れる機会も多いです。

勝てない場合は、ギエナ装備を作って、氷耐性を上げましょう。

また、最終エリアで、最後の悪あがきが激しいので、瀕死になってからは気を抜かないようにしましょう。

「瀕死だ〜!やった〜勝てる〜!」と思ったら、猛烈な悪あがきで一気に3落ちなんてこともあるかと思います。

ネロミェール

ネロミェールは、水と雷のダブル攻撃をしてきます。水浸しで動きづらいですが、そんなに異様な動きはないので強い敵ではありません。

勝てない場合は、転身・耐雷・耐水などの装衣を着替えながら、アイテムフル稼働で、ジャナルカフス系弓を最終段階まで強化して戦いましょう。

水ブレスは非常に避けづらいので、慣れるまでは正面に立たないようにしましょう。

ラスボス

ラスボスは、第一形態の時にクラッチクローからの吹っ飛ばしで壁にぶつけまくることが必要なので、クラッチクローの練習と思って何度か挑戦してみましょう。

第二形態は、腕と頭をメインに狙えるときは翼みたいなものを撃ちます。

「なんかヤバそう!」と思ったら戻り玉で戻り、強撃ビン等を補充しましょう。そしてその都度、こっそり爆弾作戦を実行しましょう。

また、細い風攻撃みたいなヤツは、チャージステップ等で結構簡単に避けられます。

端っこにいるときはクラッチアロー吹っ飛ばしも使いましょう。

氷属性が弱点なので、レイファーンライク系弓を最終段階まで強化しても良いでしょう。

さらに勝てない場合は、ネロミェールのテンタクル装備を作り、防御力を上げましょう。

おわり

防具は最小限の場合は、腰と足のみ。

強化する武器も、火と氷のみ。

ほとんど寄り道せずにエンディングまで直行するロードマップを書いてみました。

これから始める方で、更にサッサと進めたい方は参考にしてくださいね!




転職・起業・副業でおすすめのサービス

転職・副業・起業に関するサービスの中で、オススメを紹介します。 私が使っている中からのおすすめなので、数は少ないですが、参考にしてください。

ゲームカテゴリの最新記事