Blog

1/3ページ

何でも「定量的、定量的」って無理です。ブラック上司くん、正しい定量的な評価できるの?

意識高い系の企業さんの中には、定量的に評価したり、定量的に目標設定したり、定量的に話したり、ということを凄く気にしているところがあります。 定量的な目標設定をさせられて、定量的な評価が下手な人が上司だと、その会社は”ブラック”確定です! 「例えば〜、起業したいとか、常連の居酒屋を作るとか、仕事に関係ないことでも良いんで、20個ほど目標を設定してください。」 と言ってくる。そ […]

【難攻不落】「私が悪かったって言ってるじゃん」|変な話を振ってきて結果キレる人

「私(俺)が悪かったって言ってるじゃん!」 と言われたことがある人は多いだろう。もちろん、これは非を認めてくれた訳ではない。 それ以上話すのがめんどくさいだけ、もしくは、「いや、こっちが悪かったよ」とさっさと言わせたいかの何れかである。 こっちが非を認めなかった場合、ひたすら機嫌が悪いですオーラを放出され、歩くだけでもドスドス音を立てられ、扉をバーンと閉められたりする。 自分の非を認めているようで […]

男の”座りション”問題|残尿・尿漏れ・病気・ED!|影で苦しむアラフォーおじさん

掃除が大変という理由からか、男も座りションを求められる世の中になっている。 確かに、様式の便座のトイレは、まさに”大は小を兼ねる”という素晴らしい便器である。 「私も若い頃は立ちション用便器が存在する理由など無い。男尊女卑を具現化したような便器だ!」 と憤慨したような記憶がある気がしないでもない。 しかし、小便器が存在するのには、やはり理由があるのだ。 今回は、「男はみんな […]

小中学校の友達はクソでいらない?コミュニテイを変えよう!

こんにちは。 小学校や中学校の友達は多い方ですか? 私は小学校は90人、中学校は240人程度の同級生がいました。 しかし、現在、その中で友達として必要だなとおもうのは2〜3人です。 それ以外の同級生は友人としての付き合いはなく、むしろ害がある同級生の方が多いです。 大人になっても、地元の同級生コミュニティにしか属しておらず、そのどうでも良いコミュニティ内で苦しんだり、悩んだりしている人が意外と多い […]

承認欲求が邪魔すぎる!承認欲求の捨て方|3つの心構え

承認欲求は誰もが持っている欲求ですが、あくまでただの欲求です。 他人や家族に認められたくて頑張ってしまっているかも知れませんが、認められたら幸せにになる訳ではありません。 他人に認められれば幸せを感じるかも知れませんが、それは幸せのごくごく一部です。 自分の幸せは承認欲求なんかよりもはるか先にあるはずです。 今回は、承認欲求を捨てるための心構えについてお話します!

習慣化できないなら、3秒30分30日作戦をやってみよう!

習慣化は最強の能力です。 私の場合は、習慣化してしまったせいで、「好きでもない仕事を15年も優先的に続ける」なんてことをしてしまったんですからね。 やりたいことを習慣化すれば最強ですね。 しかし、習慣化するスキルをこれから身につけなければならない方へ、方法を一つ提案いたいします。 今回、習慣化するために提案する方法は、「3秒30分30日作戦」です。

三日坊主や挫折を遠ざける”習慣化”の身につけ方

やりたいこと・やってみたいことがあって、始めてみたにも関わらず、続けられずに挫折した。 モチベーションが続かないということは、「自分は向いていないんだ…」「ダメ人間なんだ…」と思ってしまう。 こんな状況だったりしませんか? 三日坊主・挫折を回避するために必要なこと、それは「イチイチ悲観せず、習慣化するまで続けること」です。

【発見】ダメ人間が持っている最強の能力|バカでも勝てる方向転換!

こんにちは、ダメ人間です。 ダメ人間ながらも、他のサイトや仕事が上手いこと行っていて、このブログに全然力を入れられていない私ですが、ふと凄いことを発見してしまいました。 私は昔から「自分はダメ人間だなぁ」と思って生きてきたんです。 好きな言葉は”天才”、”幸運”です。嫌いな言葉は”努力”、”忍耐”です。 はい、こんにちは、ダメ人間です。 今回は、私が自分や周りのダメ人間(だと思っている […]

[唯一の答え]人生100年時代&年収300万時代の”簡単な”生き方

これから人生100年時代と言われてます。 そして年収300万円時代が来ているとも言われています。 年収300万円で働いた上、老後は頼りない(というか、あるかも分からない)年金で100歳まで生きるというのは、実際な拷問だと思います。 さらには、AIやロボットがどんどん発達すると、仕事を辞めた後にコンビニのバイトすら募集がないかも知れません。 なんでこんな悲惨そうな将来が待っているんでしょうか? 答え […]

1 3